塗装と模型のスケール感について

模型に塗装すると指定した色で塗っているのになにか違和感がありませんか?
おもちゃっぽく見えませんか?
その解決方法についてお教えします。

スケールモデルに塗装する場合、

組み立て説明書の指示とおりの色を使ったのに、
完成したものを見るとなんかおもちゃっぽく
見えるときはありませんか?

市販されている塗料は、実際に使用されている色

に合わせてあります。
1/1の同じ大きさの模型に塗装するのであれば
問題ありませんが1/35などといったスケールモデルに
塗装すると、目の錯覚のために全体的に暗い印象になります。

スケールモデルを塗装する場合は、

実際の色よりも明るく調合して塗装すると
実際のイメージに近くなります。

私の場合、1/72のAFVなんかに塗装する場合、

こんなに明るくしていいのかと思うくらい明るい色を
調合して塗装します。

でも、実際に塗装した完成品をみるとしっくりきます。

このあたりはセンスも絡んでくるのでどのくらい明るく
調合するかは、慣れるしかないでいと思います。

極端に色調が変わらなければ自分の好みにあった色で

いいと思います。

また、第2次大戦中のアメリカ軍用車両などのように

全面単色塗装の場合、
つぎのように塗るといい感じになります。

これらはほとんどがオリーブドラブ単色の塗装ですが、

全部同じ色で塗ってしまうのではなく、
影の部分はオリーブドラブに黒っぽい色、
光があたる部分はオリーブドラブにに明るい色を
調合し、他の部分はオリーブドラブそのまま
という具合に3段階くらいに分けて塗ってみると
立体感が出ていい感じになります。

また、その車両がどういった状況にあると

想定しているのか、例えば、乾燥した場所にあるのか、
湿った場所にあるのか、ほこりっぽい場所なのか
によって、パフやアース系の色を混色して
塗ってみるとよりメリハリが付いてよいでしょう。
あとから、ほこりっぽい色などを吹き付けてもいいです。


コメントは受け付けていません