完成度に影響するゲートからの部品の切り取り

模型製作時にゲートから部品を切り離す場合
普通はニッパーを使います。

切れの悪いニッパーや爪きりなどを

使うとゲート跡が白くなったり

悲惨な場合は小さい部品が変形・破損したりします。

特に最近の部品は繊細なものが多いので注意が必要です。

ゲート跡が白くなるのは、切れのわるいニッパーが

プラスティックを切るというより潰しながら切るために
プラスティックが伸びてしまうためです。

この伸びてしまった部分が小さい部品のほうにも

影響して変形させてしまいます。

まず、多少お金をかけても薄刃の切れの良い

ニッパーを購入しましょう。
タミヤなどからいいものが出ています。
私もタミヤのものを愛用しています。

次に、ゲートとパーツの切り離しですが、

ニッパーの外側をパーツ側ではなくランナー側に向けて
なるべく部品から遠いところで切り離します。

そうすることで部品側に力がかかって変形してしまうのを

最小限に防ぎます。

そうして切り離した部品には長いゲート部分が付いていますから

適度(部品から0.5から1mmくらい)なところで
チョンと切って短くします。

次にデザインナイフで残りのゲートを少しずつ慎重に

切って整形します。

注意することはここの処理には普通の事務用品の

カッターなど使わないこと!
カッターでは削るときに微妙な力加減ができません。

これも多少お金をかけてもデザイナイフを購入しましょう。

無ければ彫刻等の片刃のナイフのようになったものでも代用できます。

私は学生の貧乏なころこれを使ってました。

整形したあとは仕上げに耐水ペーパー(600番)くらいで

研磨します。

ペーパーは硬いものに巻いたり貼り付けたりして使用します。

「みがいてまんねん」というブロック状の固形のものもあります。

私はこれを愛用しています。

仕上げにサンドペーパーではなくデザインナイフの刃を

縦にして部品に対して平行に動かしカンナのようにして
削る方法もあります。
 


コメントは受け付けていません