細くて深いキズの対処方法 その1

航空機など製作中にスジボリなんかしていると
思わずチカラの入れ方が狂ってしまい
ほかの関係ない部分をザクと
削ってしまうなんてことよくありませんか?
私なんかもまだまだ未熟でよくやりますが、
飛行機なんかのスジボリはひとつの肝でもありまして
失敗したときはなんとも落胆してしまいます。

こんなときパテなんかで埋めてから

新たな気持ちでスジボリするわけですが、
パテが乾くまで時間がかかるし
せっかく乾いてもプラスチック側に溝がついてしまって
その溝に誘導されて同じところを削ってしまうなんて
ことになって腹立たしくなります。

これは穴埋めに使ったパテが下地のプラスチックより

やわらかいためです。

こんなときはパテなんかを使うよりも

★瞬間接着剤★

を使いましょう。

それもサラサラタイプではなく

粘度のあるドロッとしたやつです。

これを削ってしまった埋めたいキズ口に

盛ってやり固まるのを待ちます。
瞬間接着剤なのでパテよりすぐに固まります。

固まったあとは耐水ペーパーなどでヤスッて

平らにしたあとでスジ彫り再開です。

固めた部分は下地のプラスチックより硬いので

削るときに違和感がありますので
瞬間接着剤で固めた部分は少し力を加減しながら
慎重にスジ彫りします。


コメントは受け付けていません