ソビエト戦車 BT-7 1935年型(1/35 タミヤ)発売

日本軍とのノモンハン、ポーランドやフィンランドの侵攻作戦、
独ソ線の初期ころに活躍しました。
コイルスプリングと大型点輪を使用した
機動力を重視した設計はのちのT-34に
受け継がれていきます。

時速70kmを超える高速性能があったそうです。

【キット概要】

 ●ヘッドライトレンズには透明パーツが用意されています。

 ●指揮者用のフレームアンテナパーツも付属
 ●金属製の索引用チェーン付属

 ●エンジンルームカバーにはエッチングパーツが使用されてます。
  工作に便利なように治具が付属されているので
  エッチングパーツが苦手なモデラーにも安心です。

 ●盾後部には砲尾が再現されています。

 ●捕獲車両を再現できるようにマーキングには
  ドイツ軍の十字もセットされています。

 ●地面に地図を広げてで打ち合わせ中のソビエト将校と
  戦車兵の2体が付属します。


コメントは受け付けていません